スリランカカレーを作ったけど副菜はなしで!ついでに余ったココナッツミルクでタピオカココナッツミルクも作ってみたらお店の味だった!

今回はS&Bのレシピを使ってスリランカカレーを作ってみました。
本来スリランカカレーはメインのカレーの他に様々な副菜を作って盛り合わせにします。
そしてそれぞれを個別に味わったら、最後に全部グチャグチャに混ぜて食べるのが本場の食べ方らしいです。
でも副菜数種を作るのが面倒だったので、メインのカレー1種類だけのなんちゃってスリランカプレートになりました。
ここら辺はダディクオリティなのでご容赦くださいませ。。

まずこのレシピ、ちょっと不親切だと感じました。
材料を混ぜ合わせたものをA,B等とアルファベットを付けて説明しているのですが、どこからどこまでがAなのかが分かりにくいのです。

①カジキを1口大に切って

 {ターメリックパウダー(小さじ1/2)とチリペッパー(小さじ1/4) と塩(小さじ1/4) }

をまぶしてサラダ油(大さじ1)で焼く

Aは上記3種類の調味料のことで、玉ねぎ以下は次の手順で使う材料なのです。
よく見れば段落が下がっているのですが、やや不親切な書き方だと思います。

もしこのレシピを作ってみたい方はご注意ください。

炒めた玉ねぎ
今回は前半写真を取り忘れました
炒めたマグロと鶏肉
カジキの代わりにマグロを使い、離乳食の残りの鶏肉も使いました

肝心の味ですが、今まで作ってきた中で一番お店の味に近かったと思います。
まず炒めタマネギの焦げから来る香ばしさ、そこにココナッツミルクの甘味とトマトの酸味が加わり、最後に鰹節の旨味が全体をまとめ上げてフィニッシュ。

完成したカレー
あまり辛くなく、妻的に大ヒットでした。

今回のカレーはスパイスだけでなく、複雑な旨味を感じることが出来ました。
魚出汁なので、具材のマグロとも相性が良かったと思います。

余談ですが、ココナッツミルクとトマト缶が中途半端に余ってしまいました。
缶詰は開栓後の保存が難しいので、早めに使ってしまった方が良いですね。

因みに我が家ではトマト缶は離乳食に使用し、ココナッツミルクはタピオカココナッツミルクにして美味しく使い切りました。

タピオカココナッツミルクのレシピはこれです。

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1510016053/

ココナッツミルク
タピオカ
やはり卵のようですね
タピオカミルク
100均のプラカップで映えを目指すも断念
タピオカミルク
お店で高いお金を出さずとも美味しいタピオカミルクが飲めて満足

簡単に作れるのですが、結構本格的な味で驚きました。
レシピではタピオカ50gとありますが、半分の25gでも充分かなと感じます。
また砂糖40gは多過ぎだと思ったのですが、意外に丁度良い甘さに仕上がりました。
そう考えるとこれよりもずっと甘い某コーヒーショップのフラペチーノはどんだけ砂糖が入っているのか・・・

なおタピオカは少し大きめのスーパー(イオン等)で「中華調味料コーナー」に置いてあることが多いので探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です